ご利用規約

公益財団法人阿蘇地域振興デザインセンター(以下、「デザインセンター」といいます。)は、多言語メニュー作成支援ウェブサイト(以下「本サイト」といいます。)の利用について、以下のとおり利用規約(以下「本規約」といいます。)を定めます 。本サイトを利用する飲食店事業者(以下「利用者」といいます。)は、予め本規約に同意した上で、本サイトを利用するものとします。

なお、本規約の内容は、必要に応じて変更することがありますので、本サイトを利用の際には、最新の利用規約を参照ください。

第1 規約適用の条件

本サイトは、デザインセンターが管理・運営を行い、サービスを利用する飲食関連事業者の利用者に対して適用されます。 デザインセンターは、利用者の承諾を得ることなく本規約を変更することができるものとします。 変更後の本規約は、デザインセンターが定める場合を除いて、本サイト上で表示された時点より効力を生じるものとし、利用者が、本規約の変更の効力が生じた後に本サイトを利用になる場合には、 変更後の本規約の全ての記載内容に同意したものとみなされます。

デザインセンターが本サイト上に掲載する注意及び本サービスを提供する際に提示する各種利用案内(以下合わせて「諸注意」といいます。)が存在する場合、諸注意は本規約の一部を構成するものとします。利用者が、 本サイトを利用したことをもって本規約に同意したものとみなします。

第2 サービスの規定

  1. 本サイトサービスの利用
    利用者は本規約に同意の上、サービスを利用できます。
  2. サービス内容の保証および変更
    提供するサービスの内容について、瑕疵(かし)やバグがないことは保証しておりません。
    また、利用者にあらかじめ通知することなくサービスの内容や仕様を変更し、又は提供を停止し、若しくは中止することができるものとします。
  3. サービスの利用制限
    サービスの利用は、指定した阿蘇地域に住所を置き、食品衛生法(昭和22年12月24日法律第233号)に規定する営業許可種類の内、「飲食店営業」及び「喫茶店営業」を営む事業者に限定し、その他利用に際して条件を付すことができるものとします。
    ただし、自己及び自社の役員等が、次の各号のいずれかに該当する者、次のイ及びウに掲げる者がその経営に実質的に関与している場合、 または、サービスを悪用したり、第三者に迷惑をかけたりするような利用者に対しては利用を断る場合があります。

    1. 暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)
    2. 暴力団員(同法第2条第6号に規定する暴力団員をいう。以下同じ。)
    3. 暴力団員でなくなった日から5年を経過しない者
    4. 自己、自社若しくは第三者の不正な利益を図る目的又は第三者に損害を与える目的をもって暴力団又は暴力団員を利用している者
    5. 暴力団又は暴力団員に対して資金等を提供し、又は便宜を供与するなど、直接的又は積極的に暴力団の維持運営に協力し、又は関与している者
    6. 暴力団又は暴力団員と社会的に非難されるべき関係にある者
    7. 暴力団又は暴力団員であることを知りながらこれらを利用している者およびその関係者
  4. 外国語メニュー翻訳サービス
    本サービスは、専門の翻訳者により翻訳を行っていますが、全て正しく翻訳できない場合があり、日本語の本来の内容が正しく反映されていない可能性があります。
    また、当サービスの利用により、直接的あるいは間接的に何らかの損害が生じた場合、デザインセンターは一切の責任を負いません。

第3 免責事項

本サイトに記載された情報の完全性・正確性に対して一切の保証を与えるものではありません。予告なしに、掲載されている情報を変更することがあります。
本サイトに含まれる情報もしくは内容を利用することで直接・間接的に生じた損失、損害に関し一切責任を負わないものとします。

第4 禁止事項

利用者は、本サイトの利用にあたって、以下の行為を行ってはならないものとします。

  1. 他人になりすまして情報を送信または書き込む行為
  2. デザインセンターの承認した以外の方法により本サイトを利用する行為
  3. 本サイトで作成した情報を販売する行為
  4. 本サイトを無断で改変する行為
  5. 有害なコンピュータプログラム等を送信または書き込む行為、スパムメール、チェーンレター、ジャンクメール等を送信する行為
  6. デザインセンターまたは第三者の著作権、商標権その他の知的財産権を侵害しまたはそのおそれのある行為
  7. デザインセンターまたは第三者を誹謗、中傷し、名誉、プライバシーを傷つける行為またはそのおそれのある行為
  8. 公序良俗に反する内容の情報、文書及び図形等を他人に公開する行為
  9. 自己または他人の名称、住所、電話番号、電子メールアドレス等、意図的に虚偽の情報を登録する行為
  10. デザインセンターまたは第三者に対する迷惑行為
  11. 明らかにいたずら目的と判断される情報を故意に送信する行為
  12. 犯罪行為若しくは犯罪行為に結びつく行為またはそのおそれのある行為
  13. 本サービスとは関係のない団体やサービス、活動に対しての勧誘行為
  14. 会員IDまたはパスワード及び本サービスを不正に使用しまたは使用させる行為
  15. 1人の利用者が複数の会員登録申請を行う行為、またはそのおそれがある行為
  16. 不正なプログラム・スクリプトなどを用いて、サーバーに負荷を与える行為
  17. その他法令、公序良俗または本規約に違反するまたはそのおそれのある行為
  18. その他、デザインセンターが不適切と判断する行為。


デザインセンターは、利用者の皆様が前項に違反した場合、その他管理運営者が本サイトの運営上不適当と判断する行為を行った場合には、当該利用者に対して、本サイトの利用停止、 会員資格の剥奪、損害賠償請求等必要な措置(法的措置を含みます。)を取ることができるものとします。
違反する利用者の行為によって、デザインセンターまたは第三者が損害を被った場合、当該利用者は、自己の責任と費用をもって、損害を賠償しなければなりません。

第5 著作権等の侵害の禁止

利用者は、本サイトに利用する画像についてデザインセンターまたは第三者の著作権、商標権その他の知的財産権を侵害し、またはそのおそれのある画像の利用を禁止する。

第6 著作物の改変

利用者が自ら登録した、店舗画像、料理画像等の画像一式について、本サイト上及び外国語メニューのある飲食店検索サイト上で利用、掲載する場合必要な範囲で修正を加えることを認めることとする。
また、上記用途で改変された画像は、デザインセンターが行う本サイトの広報活動等においても複製、公衆送信して利用される場合がある。

第7 著作権、知的財産権

本サイト上を構成する文章、画像、プログラムその他のデータ等について、利用者が提供したもの以外の一切の権利(著作権、所有権、知的財産権、肖像権、パブリシティー権等)は、デザインセンターに帰属します。利用者の皆様は、方法または形態の如何を問わず、これらをデザインセンターに無断で複製、複写、転載、転送、蓄積、販売、出版その他の行為をしてはならないものとします。

第8 損害賠償

本サイト利用者の行為が原因で生じたクレームなどに関連してデザインセンターは一切の責任を負いません。

第9 利用規約の変更

デザインセンターが必要と判断した場合には、利用者にあらかじめ通知することなくいつでも本規約を変更することができるものとします。
ただし、利用者に大きな影響を与える場合には、あらかじめ合理的な事前告知期間を設けるものとします。

第10 準拠法及び管轄裁判所

本サイトの利用ならびにここに記す本規約の解釈及び適用には、他に別段の定めのない限り、日本国法に準拠するものとします。また本サイトのご利用に関わるすべての紛争については、熊本地方裁判所を第一審の専属直轄裁判所といたします。